赤ちゃんが安心してウォーターサーバーを使うには

赤ちゃん家庭のウォーターサーバー導入

赤ちゃん家庭のウォーターサーバー導入 ウォーターサーバーには便利な機能がたくさんついており、赤ちゃんのために安心してウォーターサーバーを使うには、安心して使用できる機能が付いているものを選ぶことがおすすめです。安全性から考えると、できるだけチャイルドロック機能が搭載されているウォーターサーバーをおすすめいたします。赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭では、ロック機能は特に重視されるべき機能といえます。また、赤ちゃんの体にできる限り負担の少ないお水が選べるようになっているウォーターサーバーを選ぶことも大切です。

チャイルドロック機能は、赤ちゃんや小さな子どもがウォーターサーバーのボタンを誤って操作することで、事故に巻き込まれたりしないように設けられた重要な機能です。ウォーターサーバーの温水は常時、85℃前後に設定されています。もしも赤ちゃんが知らずにウォーターサーバーのボタンを押してしまった場合には、ロック機能がなければお湯が出てしまって、熱いお湯でやけどをする危険性があります。チャイルドロック機能はこのような事故が起こらないように設けられた機能で、赤ちゃんや小さなお子さんが触っても、ロックがかかっているため熱湯は出ないようになっています。そのため、赤ちゃんが巻き込まれて起こる事故を未然に防ぐことができ、お母さんも安心です。このようなロック機能は、赤ちゃんや子どもだけでなく、犬や猫などのペットの場合でも機能しますので、偶然コックを開けて熱湯でやけどをするという事故などが防げます。

また、赤ちゃんが安心してウォーターサーバーを使うためには、できるだけ安全なお水を選ぶことも大切と考えられます。近年、水道水の消毒に使用されてきたカルキがアレルギーの原因になることがあるということも指摘されています。できるだけ安全なお水を赤ちゃんに飲ませたい場合、ウォーターサーバーのお水は消毒をする必要がないほどきれいなお水なので、赤ちゃんにも安心しです。大人に比べると赤ちゃんはまだ十分に体の臓器などの機能が発達していませんので、ミネラルウォーターでは体に負担をかけてしまう恐れがあります。そのため、赤ちゃんに飲ませる場合は純水に近いRO水がおすすめです。

RO水とは、微小構造をもつ穴の開いた膜でお水の中の余分なミネラル成分や不純物を濾過したお水のことで、安心して赤ちゃんに飲ませられるお水です。このように、赤ちゃんが安心してウォーターサーバーを使うためには、安心して使用できる機能がウォーターサーバーには付いており、赤ちゃんに負担の少ない安全なお水を選ぶことが大切です。

お知らせ